縄文の香り 能登のアテ 蒸留水(エッセンシャルウォーター)

縄文時代から能登にあるアテの木から採った蒸留水(エッセンシャルウォーター)です。
100%天然の除菌・防虫・消臭スプレーとしてご使用いただけます。

新築の竪穴住居の香り

縄文の香り脱臭力除菌力

・トイレの匂いの原因であるアンモニア、汗臭・足臭・加齢臭の原因であるイソ吉草酸に対する脱臭効果が
「アテの蒸留水」で得られることが試験で確認されました。

縄文の香り脱臭力除菌力

・食中毒の原因である黄色ブドウ球菌に対する除菌効果が「アテの蒸留水」で得られることが試験で確認されました。



縄文の香り 能登のアテ

縄文の香り 能登のアテ

アテとは能登半島に古くから生育する木の名前です。
石川県の県木であり、植物分類上ヒノキアスナロの変種にあたり、通称能登ヒバとも言われています。

地元能登の大工の間ではその効能が経験的に知られており、水に強く腐りにくい、
シロアリに食われにくい材として古くから建物や工芸品等に使われてきました。

近年では、アテは木の中に様々な芳香成分を含み、
その成分の効果により菌種を問わない抗菌性やシロアリを寄せ付けない殺虫性等が実証されてきています。

縄文の香り 能登のアテ

能登町にある真脇遺跡からは約3000年前の縄文前期、晩期の層からアテと考えられる「ほぞ」付きの木材が発掘されたことから、
縄文時代の人々もアテを使って構造物を建て、アテの香りを感じていたのではないかと思われます。
アテの香りを感じて、太古の時代の風景に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

縄文の香り 能登のアテ

縄文の香り、能登のアテ

能登には、縄文時代からアテの木があります。
真脇遺跡では、3000年前のアテでできた建物の一部がみつかりました。
門前町には、樹齢400年〜700年とも言われる元祖アテの木が生えています。
写真は能登島曲町のアテのある森です。アテの木や葉っぱは、スーハーと深呼吸したくなるようないい香りがします。縄文時代の人々も、わたしたちと同じように、アテの木の香りを嗅いだのでしょうか。アテの木を使うことは、この森を守り、この風景を未来へ残すことにつながります。
能登島で、アテで作った家「アテイエ」に暮らし、働く、能登デザイン室が、地元のアテの木の魅力を伝えるため、「ateie」というブランドをつくりました。アテの木でつくる、家や小屋、生活道具など、家にまつわるものをデザインしています。はるか縄文の世界に思いをはせながら、能登のアテの木にふれてみてください。



蒸留水(エッセンシャルウォーター)の使い方
部屋・枕・ベッド・車等に爽やかな木の香り/トイレ・ペットの消臭/
靴・長靴の除菌消臭/絨毯・カーテン・ソファの除菌消臭/洗濯物の除菌消臭/
加湿器の蒸散液に加えて香りを楽しむ/他
商品名 縄文の香り 能登のアテ 蒸留水(エッセンシャルウォーター)
販売価格
1,100円(税100円)
購入数